遠距離恋愛のデートはお互いの地元に交互に行け【応援!】

SPONSORED LINK

f:id:aoku_sumitoru:20170922175439j:plain

どうも、すみとおる あお(@sumitoru_ao)です

 

 

 

僕はデートは割り勘じゃなくて

お店やどこかにいくたびに

 

 

ここは俺がおごるね!

 

こっちは私が出すね!

 

 

の方が、お互いにありがとうの気持ちが生まれるから好きです

 

 

 

その考え方を遠距離恋愛にも応用していた友達がいて感動したので

記事にすることにしました

 

 

 

その友達の工夫点は主に2つあります

 

 

 

1.長距離の遠距離恋愛はお互いの地元に交互に行きあう

f:id:aoku_sumitoru:20170922212757j:plain

遠距離恋愛の場合

デートをするときの場所選びは2パターンあると思います

 

 

 

①中間地点で会う

 

②どちらかの地元で会う

 

 

 

中間地点で会う方が効率面でも良さそうに見えますが

実は、どちらかの地元へ交互に行く方が関係が長く続きやすいです

 

 

 

会いに来てもらった側が、会いに来てくれた相手に対して

「来てくれてありがとう」

「次は会いに行くね」

の気持ちを持てるからです

 

 

 

それにお互いが交互に行き来をすることを初めから決めておけば

あとで揉めることもなくなります

 

 

 

揉める火種を最小限に収めることは

コミュニケーション不足になりがちな遠距離恋愛を

成功させる上で必要不可欠です

 

 

 

2.デートの費用は交互に負担する

f:id:aoku_sumitoru:20170922214012j:plain

遠距離恋愛はお金がかかります

 

 

 

場所によっては交通費だけで往復3~4万円かかることも・・・

そこにデート代を加えたら5万6万平気でぶっ飛びます

f:id:aoku_sumitoru:20170922215556p:plain

    巣立つ諭吉

 

 

 

 

会うだけでも金銭面の負担が大きい分

デート中のお金の区分も非常にデリケートになります

 

 

 

なのでそこは1の方法同様に

あらかじめ二人の間でルールを定めるのが有効です

それが デート費用の交互負担です

 

 

 

どうやるの?

f:id:aoku_sumitoru:20170922220545j:plain

簡単に説明すると

 

 

 

出向いた方は、デート代に関しては何も払わない

来てもらった方は、デート代の一切を支払う

 

 

 

これだけです

 

 

 

要は

交通費を払った方はデート代を負担しない

交通費を払わない方がデート代を負担する

という方式です

 

 

 

そうすればなにかを買う度食べる度に遠慮したり気を遣う必要がなくなるし

無駄ないがみあいの種を作らなくてすむ

 

 

 

意外とありがちなのが

 

 

 

本当はお金を払ってほしいけど

相手に負担をかけるのは申し訳なくて自分で払ってしまう

毎回我慢するうちに、それが相手への不満としてたまっていく

 

 

 

という悲しい状態です

 

 

 

なので、既に自分にだけ負担がかかっているのであれば

早く相手にそのことを素直に話した方が良いです

どちらか一方だけが無理や我慢をする恋愛は、決して長く続きませんからね

 

 

 

 

 

 

何度も同じことを言いますが

『ルール』を作ってさえしまえば

揉めることもなくなるのでとてもおすすめです

 

 

 

まとめ

f:id:aoku_sumitoru:20170903221849p:plain

今回取り上げた方法は友達の工夫でもありますが

実は僕自身の体験談でもあります(笑)

 

 

 

1.お互いの地元に交互に行きあう

2.デートの費用は交互に負担する

 

 

 

この2つの方法

僕自身も試して、実際に上手くいっています

だからこそ記事にしたいなと思ったのです

 

 

 

遠距離恋愛って大変に感じることが多いと思いますが

遠距離恋愛をしているからこそ感じられる良い面もあると思います

 

 

 

どうか今を目一杯楽しんでください!

一回一回のデートを目一杯楽しんでください!

 

 

 

すみとおる あおは

あなたの遠距離恋愛を応援しています!

 

 

 

 

f:id:aoku_sumitoru:20170831215045j:plain