内向的な性格は誇れるんです ※性格テスト付き

SPONSORED LINK

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力


今まで読んだ本で最も人生観を変えてくれたといっても過言ではない本

『Quiet 内向型人間の時代 ~社会を変える静かな人の力~/スーザン・ケイン 古草秀子 訳』

 


内向型の人、あるいは家族・親しい友人・恋人が内向型で、彼彼女の気持ちをもっと理解したいという人に間違いなく読んでほしい本です

 

 

もし自分が内向型・外向型のどちらに属しているのかわからない人は

次の質問に当てはまると思えば○、そうでなければ×で、迷ったら比較的近いと感じる方を選んでみてください

 

 

①グループよりも1対1の会話を好む

②文章の方が自分を表現しやすいことが多い

③ひとりでいる時間を楽しめる

④周りの人と比べて、他人の財産や名声や地位にそれほど興味がないようだ

⑤内容のない世間話は好きではないが、関心のある話題について深く話し合うのは好きだ

⑥聞き上手だと言われる

⑦大きなリスクは冒さない

⑧邪魔されずに「没頭できる」仕事が好きだ

⑨誕生日はごく親しい友人ひとりか二人で、あるいは家族だけで祝いたい

⑩「物静かだ」「落ち着いている」といわれる

⑪仕事や作品が完成するまで、他人に見せたり意見を求めたりしない

⑫他人と衝突するのは嫌いだ

⑬独力での作業で最大限に実力を発揮する

⑭考えてから話す傾向がある

⑮外出して活動したあとは、たとえそれが楽しい体験であっても、消耗したと感じる

⑯かかってきた電話をメール(ライン)に回すことがある

⑰もしどちらか選べというなら、忙しすぎる週末よりなにもすることがない週末を選ぶ

⑱一度に複数のことをするのは楽しめない

⑲集中するのは簡単だ

⑳授業を受けるとき、セミナーよりも講義形式が好きだ

※科学的に立証されたテストではなく、内向型の特性をもとにつくられたものです

 

 

○の数が多いほど、内向型である確率は高いです

そういう方には特に読んでほしいです

 

 

とはいえ全人類の内、1/3以上の人が内向型と言われています(程度の差はあります)

それでも外向型が多いように見えるのは、内向型の多くが外向型の仮面(ペルソナ)を被って振る舞っているからです

 

(内向型の人は人前で演じるのが上手い人が多いようです)

 

 

僕は根っからの内向型なので、この本を開く度に感動することが多すぎて、1度に30ページ以上読むことができませんでした

それ以上読むと学びが多すぎて頭も心もオーバーヒートしてしまいます笑

 

 

f:id:aoku_sumitoru:20170903221849p:plain

誰もが聞いたことがあるであろう有名人

アルベルト・アインシュタイン、ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、ガンジー、スティーブン・スピルバーグ、エレノア・ルーズベルト、J.Kローリング(ハリー・ポッターの作者)、チャールズ・シュルツ(スヌーピーの作者)、ラリー・ペイジ(Googleの共同創業者)

 

 

これらの人達はみんな内向型と言われています

こういう人達が時代を創りあげている事実がある以上、内向型の人間は内向的であることに後ろめたさを持つ必要はないと思います

 

 

自分のやり方、自分の形、自分の信念に従って、自分らしく生きていけばいいんだと思います

“今”は永遠に続かないし、人生は一度きりですから、自分の生きたいように生きたらいいと思います

 

 

最後に

この本のあとがきに

 

『外向型は本当に理想の存在なのか?静けさを愛し、慎重で思慮深い内向型は、もっと評価されるべきなのではないのか?』

 

という一文がありますが、僕はまったくもって賛成です

 

 

もちろん外向型が悪で内向型が善とは考えていなくて

僕は純粋に、内向型の人は自分を悪く見積もっちゃう傾向が強い人が多いなと感じているので、そういう人たちはもっと自分を評価してあげてもいいんじゃないかなと思っているからです

 

 

スピーチ・プレゼン・ディスカッション

これら外交的な振る舞いを美徳とする世の中において辛い思いをしている人も沢山いると思いますが、どうか嘆くことなかれ

 

 

内向型の皆さんに捧ぐ、僕のつたないレビュー

心に届けば嬉しいです