営業のコツ② メール営業が楽になる3つの心得

SPONSORED LINK

f:id:aoku_sumitoru:20170901211918p:plain

僕はメールが好きです

 

 

 

文章を書くことが好きだからかもしれません 

 

 

 

よく

 

「電話の方が楽だ」

 

という人がいますが僕は電話は苦手です

返ってくる言葉に対して即座にベストな返答ができないからです

 

 

 

会話の中という限られた時間で

しかも顔も見えない相手と交渉事をするというのが

僕にとっては恐怖以外の何者でもない

 

 

 

人によっては電話の方が営業成果が出せるのかもしれないけれど

僕の良さを活かせるのは絶対メールだという確信があった

 

 

 

文章で勝負したい

 

 

 

そう思い立ってからは何万通という営業メールを送り

ちゃんと結果も勝ち取ることができました

 

 

 

今では契約までたどり着く案件の内、8割がメールによるものです

 

 

 

そんな僕がメール営業をするときに意識していることを

3つに分けてご紹介します

 

 

 

 

 

1.フォーマットをつくる

f:id:aoku_sumitoru:20170901215425p:plain

メール本文のフォーマットをつくる事で

手間と時間を大幅に節約することができる

 

 

 

なんだそんだけか!

 

 

 

と思うかもしれないがこれが馬鹿にならない

フォーマットをつくるメリットは2つある

 

時間を節約できる

例えば1通のメールを作成するのに通常なら10分かかるとする

 

 

 

それを一度フォーマットを作り1通4分に節約できたとすると

100通送った時には600分=10時間分他のことができることになる

 

 

 

僕の場合、一日平均で20通程メールを送るので

勤務時間を か・り・に 5日間とすると

 

 

 

一週間で100通 、一ヶ月で400通送ることになる

(え、自分こんなに送ってるの??)

 

 

 

上の例で当てはめるなら1通6分の節約なので

6×400=2400(分)=40(時間)

 

 

 

つまり一ヶ月で40時間も時間が浮くのだ

すごくない!?

 

 

 

この時間でメール送ったらあと600通送れるよ♪

送らないけど♪

 

 

取り組む際の心のハードルが下がる

個人的にはこれが一番大きいと感じてます

 

 

 

何を取り組むのにも、はじめの一歩が本当に重い

特に営業というやらされ感満載のモノならなおのこと

 

 

 

1通ごとに

「えー、、(お世話になります)、、、と」

なんて書いてたらモチベーションダダ下がり

f:id:aoku_sumitoru:20170901221004j:plain

引用元:http://seesaawiki.jp/w/ebatan/d/%A5%C0%A5%C0%A1%CARB%A1%CB

 

 

 

だったら文面が同じ部分だけでも簡略化して

フォーマット化して楽しちゃえばいいんですよ

時間も節約、モチベーションも節約で一石二鳥♪

 

 

 

ちなみに僕のフォーマットはこんな感じです

(内容や案件にもよりますが)

 

 

----------

○○株式会社
△△様

 

初めてお世話になります。
私、■■をしております
株式会社××のすみとおるあおと申します。

 

この度は~~~~のためご連絡を致しました。
資料を添付致しましたのでご確認の程をよろしくお願いいたします。

 

概要は以下の通りです。
-----

-----

以上になります。

まずは◇◇についてのお見立てをお聞かせいただければと思います。

 

ご検討の程をよろしくお願いいたします。

 

==========

株式会社××

営業一課 課長

すみとおるあお

(以下連絡先など)

----------

 

 

 

内容は業種業態によってそれぞれですが

自分に合った形でフォーマットを作るといいと思います

 

 

 

2.「あなただけに送っているよ」と伝える

f:id:aoku_sumitoru:20170901221740p:plain

 

言葉通り本文に「あなただけに~」って書いちゃだめですよ

それは多分他の意味で返事来ないです

 

 

 

そうではなくて

 

 

 

不特定多数に送っていると思われないようにする

 

 

 

ことが大切です

 

 

 

あなただけに送ってますと感じてもらわなければ返事を貰えない

迷惑メールを無視する原理と同じ

内容が大衆向けなら読み飛ばされます

  

 

 

具体的には

ターゲットとなる相手に読まれやすいキーワードを入れる

ことが挙がります

 

 

 

僕の場合は店舗関係の仕事なので

「物件のご紹介」や「出店について」

など同業の人が一瞬 ピクッ とするような単語を入れることが有効です

 

 

 

あとは

貴社のHPに~~とありましたように

といった文言を盛り込むのもいいですね

 

 

 

やりかたは無数にありますので

自分だけのオリジナルラブレターを作っちゃいましょう

 

  

 

3.相手先社員から紹介を受けた旨を本文に入れる

 f:id:aoku_sumitoru:20170901222918p:plain

 

○○部の△△様からこちらをご案内いただき、

この度ご連絡を致しました

 

 

 

この文言を入れるだけで一気に信頼度が高まります

というより

 

 

 

案内した側である以上無下にはできない

 

 

 

という心理が働くからです

会社の信頼に関わるからです

 

 

 

単に直接の連絡であれば無視してもあまり信頼に影響はないですが

「こちらにご連絡願います」

と自社の人間が誘導したのにもかかわらず無視するのはとても失礼になります

 

 

 

その心理を利用してわざと文章に盛り込むのも有効な手段です

 

 

 

総括

総まとめとして

1~3を組み合わせるとこんな感じですかね

 

----------

【題名:出店について】――2

○○株式会社
△△様

 

初めてお世話になります。
私、■■をしております
株式会社××のすみとおるあおと申します。

 

総務部の高橋様よりご案内をいただき

この度メールにてご連絡を致しました。――3

 

目的としては~~~~のご紹介のためご連絡を致しました。
資料を添付致しましたのでご確認の程をよろしくお願いいたします。

 

概要は以下の通りです。
-----

-----

以上になります。

 

貴社のHPに~~とありましたので――2

私は本案件が貴社にマッチすると考え、ご連絡することと致しました。

 

まずは◇◇についてのお見立てをお聞かせいただければと思います。

 

ご検討の程をよろしくお願いいたします。

 

==========

株式会社××

営業一課 課長

すみとおるあお

(以下連絡先など)

----------

 

 

 

これで少しは読まれやすくなると思います

少なくとも僕はこれでメールの開封率が格段に上がっているので実証済みです

 

 

 

あとは自分色を取り入れて自分だけのメール営業法を

編み出すとよいと思います!

 

 

 

一助になれたらこれ幸い!

 

 

 

ファイト!!

 

 

 

おわり!!

 

 

こんな記事も読まれています

www.aoku-sumitoru.com

www.aoku-sumitoru.com